行政書士の求人はどれくらいあるのか

行政書士, 求人

行政書士の試験に受かって行政書士として登録をしたら、晴れて行政書士として仕事をすることができます。
ところでいったい、どうやって仕事を探したらいいでしょうか。

「行政書士の求人を知りたい」という人はときどきいて、いろいろな手段を使って 行政書士の求人を調べようとしていることはどうやら真実のようです。
ところで、行政書士の求人が、求人情報誌や新聞、またはフリーペーパーやインターネットの求人サービスで 見かけられたことがあるでしょうか?
おそらくはNoと答える人が大部分でしょう。

行政書士の試験に受かっていることは当然、求人情報を便りに就職・転職活動をするときに 法的知識の広さをアピールするいい武器にはなりますし、企業で法律や行政の手続きが仕事に入ってくるような 部署の求人で採用される可能性はないわけではありませんが、その場合は、行政書士として 活動をすることにはなりません。
行政書士は一般の法人で行政書士と名乗って活動することができるわけでもありませんし、 それはあくまでもその会社の社員のひとりになるということになります。
人によっては前職よりも待遇がよくなるかもしれませんし、何よりも今のような不景気の時代には 安定感があっていいでしょうが、「行政書士に受かったのに行政書士として活動しないのでは空しい」
と感じる人のほうが多いのではないでしょうか。

それでは行政書士としての求人はどこにあるでしょうか?
これはなかなか狭き門だと考えられますね。
行政書士に法人化が認められたため、必要な手続きを済ませれば行政書士事務所は行政書士を職員として 雇うことができます。これがいちばん理想的な行政書士の求人、そして行政書士としての実績を積むコースに なりそうですが、法人化された行政書士事務所の数が多いともいえませんし、そこから求人が出るチャンスも そんなにあるとはいえません。求人を頻繁にかける必要がある行政書士事務所が 激増するような見込みもないからです(そんなに人手不足になることはちょっと考えられないでしょう)。

行政書士の勉強をはじめると決めたら、求人のことも考えておくほうがいいでしょう。
試験に受かってからすぐに自分の事務所を構えたくないなら、 どこかの行政書士事務所の求人に入り込みたいと思うかも知れませんが、 インターン等をやっている事務所も一部にはあります。インターネット等を使って インターンや求人の情報がどれくらいあるか、ときどきチェックしておくほうがいいでしょう。


 >>これだけやれば合格できる
 >>最小限の勉強で合格に十分な教材がそろっています