行政書士受験者は開業後のことを先に決めるべき?

行政書士, 開業

行政書士の資格を取得したら、そこから先にある道は何でしょうか? 常識的に想像するなら、 行政書士として開業をすること、そして一人前の行政書士として成功することでしょう。

行政書士として開業をして、一流になることが夢だとはいっても、これから試験勉強をするような段階では まだ開業をしてから先のことをイメージするなんて無理かもしれませんが、行政書士の場合は開業をしたときのことをきちんと決めたり予定をそこそこ組んだりしておかないと、あとで大きくおくれをとる恐れがあります。

前のページでも書いていますが、行政書士の場合はあまり求人が出る仕事ではありません。
しかし弁護士のように、「しばらくの間、大先輩の弁護士の事務所で勤務させてもらう」という ルートもまだそんなに広くはありません。
毎年出ている行政書士試験の合格者の大部分は、どうやって開業をするのかを決めることを 促されることになると思われます。

もちろん、最初のうちからお金をかけて事務所を用意する義務はありません。
最初は小ぢんまりとした方式で行政書士として開業をして、徐々に確実に仕事を増やしていけばいいでしょう。
しかし計画をぜんぜんしていないと、あとで困ったことになるかもしれません。

行政書士の勉強も楽ではないので、試験勉強だけで手がいっぱいになってしまうことは事実ですが、 それでもチャンスを探して、現職の行政書士に会うなどして体験談を聞かせてもらうようなことは とても大事です。
それがなかなかできなくても、学校や通信講座等を使うと、実際に開業をしている行政書士に接する機会は めぐってきます。講師が行政書士として開業をしていることは多いですし、そこの学校や講座を通して合格した人と 出会う機会も回ってくることがありますから、できるだけ開業後の行政書士の身の処し方のヒントを 情報収集しておくといいでしょう。

なお、行政書士として登録すると、地区ごとに開かれる研修会や勉強会に呼んでもらえるでしょう。
そこにはできる限り出席して、生きた情報をもらいに行くべきでしょう。


 >>これだけやれば合格できる
 >>最小限の勉強で合格に十分な教材がそろっています