行政書士の試験の難易度を知りたい場合

行政書士, 難易度

行政書士の仕事に興味を持った人たちの間でよくささやかれる話題に、試験の難易度のことがあります。
「行政書士の試験の難易度ときたら、とにかくハード、難しい」なんて声も毎年よく聞こえてきます。
それでは実際に、どれくらい難しいのでしょうか?

年度

受験者数

合格者数

合格率

平成17年度

74,762人

1,961人

2.62%

平成18年度

70,713人

3,385人

4.79%

平成19年度

65,157人

5,631人

8.64%

平成20年度

63,907人

4,133人

6.47%

平成21年度

67,348人

6,095人

9.05%

平成22年度

70,586人

4,662人

6.60%

平成23年度

66,297人

5,337人

8.05%

平成24年度

59,948人

5,508人

9.19%

平成25年度

55,436人

5,597人

10.10%

平成26年度

48,869人

4,043人

8.27%

行政書士の試験の難易度は、確かにこの10年を振り返るとやさしいとはいえないようですね。
平成25年度だけ合格率が10%を超えています。さらに前まで行政書士試験を振り返ってみても、10%を超えるのは10年に1~2回なので、どちらかというと例外に近いようです。
ただし、この10年間では、平成17年と18年を除いては、5%を切っていないことも顕著な特徴でしょう。

つまり、行政書士の試験の難易度は、試験問題作成者たちの意向で、できるだけ毎年変わらないように 操作されているわけです。「10人に1名」の割合を軽く下がるくらいの難易度にされているのが行政書士試験の 真実です。

こう書くとたいしたことがないように見えるでしょうか? しかしこれは意味深いことです。
試験の難易度が一定水準に落ち着くようにするには、毎年の行政書士の問題の特徴をある程度変えないように しているわけですね。
つまり、難易度が高いといっても、行政書士の試験には毎年のように共通している傾向があります。
それを早めに見抜いたものが、難易度の壁を突破して行政書士に受かっていくのです。
これについては他のページでも説明しますが、この仕組みをもっと知りたい場合は、 専門的な学校や通信講座を利用して、一流の講師に試験の傾向を教えてもらうことがいちばんです。


 >>これだけやれば合格できる
 >>最小限の勉強で合格に十分な教材がそろっています