行政書士の、使える教材を知りたい

行政書士, 知りたい

行政書士の勉強法も、種類がある時代にだいぶ増えたのですが、行政書士の教材も一気に増えましたね。
行政書士になりたいと思ったら、どんな方法をとる場合でもとにかく教材を入手しないとはじまりません。
しかし、ひと口に行政書士の教材といってもちょっと調べようとしただけでも種類が多くて、 「自分にぴったりの行政書士の教材を知りたいのにうまくいかなくて困る」といった当惑の声もよく出ています。
「まずはメジャーなものだけでもかまわないので、とにかくどんな行政書士の教材を知りたい」という 感想を漏らす人も多いですね。

行政書士の教材を種類ごとに分けるなら、 まずは教科書から書かないといけないでしょう。教科書はもちろん行政書士の試験範囲を全部カバーしている ものが必要です。教科書の中身がじゅうぶんだったら、参考書は特に買わなくてもいいかもしれません。

ただし、六法については知りたいという人が多いでしょうね、行政書士受験はやはり法律の勉強の連続ですから。
六法はやはり行政書士の受験向けにつくられているものを買うほうが無難です。
ただの六法ですと、あまり行政書士の試験に出ないところまで載せるため分厚く高額になりがちですし 行政書士の勉強のために知りたいことがどこに載っているのか調べるのに時間がかかってしまうことになります。

そして問題集も欠かすわけにいきません。次のページで詳しく書いていますが過去問についてはたっぷりと、 解説まで丁寧についているものを5年分以上用意するべきでしょう。
また、予想問題集も途中から必要になります。問題集は、実際の行政書士の試験で問題を解く 予行練習をする意味でも役立ちます。

ここまでがどんな勉強法でもほぼ確実に使われそうな教材ですが、それ以外の行政書士の教材を知りたい人たちも 多いでしょう。最近はむしろ、ここまでにあげた印刷物・出版物以外の教材が目立つ時代ですし、 行政書士試験に及ぼす効果も高まっていて、それらを先に知りたいという人たちが目立つくらいです。

紙でできた以外の教材といったら、もっぱら音声や映像でできている教材のことですね。
カセットやCDやDVDに入っていたり、インターネットを通じて再生できたりダウンロードできたりする タイプの教材が、現在の行政書士受験の世界を席巻しているのです。

音声型の場合は、再生機材がある限りどこでも聞けるため、通勤や通学の途中で使うことができますし、 映像型の場合は、プレイヤーないしパソコンがある限りどこでも好きな時間に視聴することができます。
一流の講師が行政書士の講義をしている内容が多く、知りたいことをわかりやすく教えてもらえるわけですね。

これらの優秀な教材は通信講座や学校が販売していますから、一度取り寄せてみることをおすすめします。


 >>これだけやれば合格できる
 >>最小限の勉強で合格に十分な教材がそろっています