行政書士は過去問のフル活用で受かります

行政書士, 過去問

行政書士の試験では、毎年出される問題に独特の特徴があり、それをいち早く調べ上げることが 合格に向けてかけがえのないアドバンテージになることは、他のページでも何気なく書いてありますが、 それではどうやったらその調べ上げをすることができそうでしょうか?

実は、行政書士の試験ではそれはもはや難しいことだとはいえなくなっています。
行政書士の過去の試験問題(通称、「過去問」)は、手に入れることはそう難しいことではないからです。

行政書士の過去問は、さまざまな方法で取り寄せることができますが、ここで大事なことは なるべくたくさん手に入れたほうがいいことです。といっても、何十年分も取り寄せることはありません (行政書士の過去問も10年以上前となるとどのみち入手困難なのですが)。ただし5年分は絶対に 手に入れたいですし、5年分だったら手に入れるのはそう難しいことではありません。
余裕があれば5年より前にさかのぼって多少多めに手に入れて取り組んでもいいかもしれません。

たった5年分というとそうたいした量には思えないでしょうか? しかし5年分でもやるべきことは すごく多いですし、1回や2回で終わらせてもいけません。文字通り徹底的に研究することが必須だからです。
とにかく、行政書士の過去問を手抜きせずにやっていくと、だんだんと問題の傾向がわかってくるはずです。
それに、行政書士の試験範囲はとても広いですね。法令を全部読んでいたらきりがないのですが 過去問をやっていると、どんな範囲から問題がよく出されているのかもわかりますから、 どこに時間をかけて勉強をやったらいいのかも決められるようになります。

行政書士の過去問は時間を開けて何回もやるほうがいいので、まだろくに勉強が進んでいない段階で一度手を出して しまってもかまわないくらいです。ぜんぜん解けなくても当たり前ですが、出ている問題の答えをよく読んで どんな仕組みでその答えが導き出されるのかを知るだけでもわりと初期の勉強は前進します。
勉強のきっかけがつかめるという結果にもなるわけです。

というような事情を考慮すると、過去問はただ問題だけを手に入れては無意味ですし、 答えを手に入れるにしてもただどの答えが正しいのかが書いてあるだけでも不充分です。
正答と誤答について、その正誤を分ける理由が何なのか書いてあるほうがいいわけです。
そこまで丁寧な解説と分析をしている過去問は、主として一流の講師を呼んで行政書士の講座を設けている 学校や通信講座がつくって配布しています。


 >>これだけやれば合格できる
 >>最小限の勉強で合格に十分な教材がそろっています