行政書士を通学で目指すのが向いているのは?

行政書士, 通学

行政書士の試験に受かりたい人たちの大部分にとって、いちばん信頼できる勉強方法といったら通学を する方法なのではないでしょうか?

行政書士の試験に限定しなくても、多くの資格試験には学校がありますから、希望の試験のために通学を している人たちは山のようにいますね。今は景気も悪い時代で、いきおい雇用もひどい状況ですから 資格を取得して自分のPR材料にしようとする人たちがいなくなることはありません。
行政書士の試験についてもそれはまったく変わることがなく、専門の学校に申し込んで通学をしている人たちは 本当にたくさんいます。

通学をすることは、行政書士のような難解な内容を勉強しないといけない状況では確かに有効です。
法律というと、とにかく小難しい条文がわんさと列をなしているというイメージがつきものですが、 そんな参考書を読もうと思っても、普通の人にはなかなか読めるものではありません。
通学をすれば、先生が普通の人にもわかるような言葉遣いで説明をしてくれますから、 教科書の内容も理解できるようになりますし、試験に向けていろいろなことを質問することだってできます。
また、自己管理が苦手な人にとっては、通学をしている限りは行政書士のことを受動的にでも勉強できますから 申し込んでしまったほうが正解でしょう。

こう書くと通学をすることが行政書士の受験にとって最高の方法のように見えてくるでしょうか?
しかしそんなことはありません。通学は、まずできる場所が限定されています。
地理的な理由で行政書士の講座を持っている学校に通えない人は必ずいますし、 しかも費用の面でも馬鹿になりません。学校は多くの場合何十万円という費用を請求してきますから、 払えない人がいることはほぼ確実です。

行政書士を通学で勉強する方法は、場所や費用の面をクリアできる人たち、 そして最後まで通学し切れる人たちに向いているといえます。
途中で学校まで足を運ぶことがおっくうになってしまうような、 三日坊主タイプの人たちには向いているとはいえないでしょう。
出席をまめに続けることが苦手な人には、通信講座のほうが向いているのではないでしょうか。


 >>これだけやれば合格できる
 >>最小限の勉強で合格に十分な教材がそろっています