行政書士の年収の実情とは?

行政書士, 年収

行政書士という資格や仕事に興味がわいてきたら、次に知りたいと感じることといったら何でしょうか?
それはおそらく、行政書士の年収なのではないでしょうか?

行政書士の年収についてはいろいろな噂がまかり通っているようですね。
ときどき、「年収1200万円をあげている行政書士がいる」なんて噂が流れることもあります。
これはデマだとはいえません。実際にそれくらいの年収を出している行政書士はいますし、 それらの行政書士の性別・年齢・前職等の条件はまったくバラバラのようです。
つまり、誰でも年収の高い行政書士になれるチャンスは持っています。それは事実です。

ところで、行政書士の年収については実は、統計を実施することも、その統計を見ることも簡単にはいきません。
行政書士のような特別な資格ともなると、資格取得者の間に相当大きな格差が広がってしまうからです。

行政書士の年収について確実にいえることは、「たっぷりとした年収をもらえるチャンスもある」
「ただし、試験に受かって登録したら、誰でもそれを実現できると思ってはいけない」ということでしょう。

特に行政書士は長い間、個人で開業する働き方が当たり前だったこともあって、 個人の経営能力・営業能力で大きく変わってしまう傾向が強かったのです。
「行政書士の年収の平均を知りたい」という人は多いでしょう。しかしおそらく平均を調べても意味がありません。
上は1000万円以上、しかし下は200万円以下という格差がありますし、 かといってその中間ともいえる金額、たとえば600~700万円くらいが平均になるのかというと そうでもなさそうです。「平均の年収」というと、その年収の人たちがいちばん多そうに感じられますが、 行政書士の場合600~700万円の年収の人たちがいちばん多いわけではありません。
「300~400万円くらいの行政書士がいちばん多いのではないか?」なんて意見も出ています。

ここまで読んでやる気が半減した人たちもいるでしょうか? しかしそれも早すぎますね。
年収が少ない理由は、あまり行政書士として仕事をしていないからです。
仕事を取れない行政書士もいますが、行政書士として活動していない例もけっこうあります。
やっとの思いで資格を取ったものの、行政書士としてフル活動するのをいったん棚上げにしている人たちも けっこういると推測されていますから。

行政書士の年収は、概論するなら、平均値を調べても意味はあまりなく、 あくまでも個人個人で年収をあげる努力をするのみ、ということですね。
行政書士をめぐる事情は、さまざまな規制が除かれたこともあって決して悪いものではありません。
むしろ、ひとりひとりのアイデア次第で一気に活動の範囲も年収も桁違いになるチャンスが あるといってもいいでしょう。


 >>これだけやれば合格できる
 >>最小限の勉強で合格に十分な教材がそろっています